インドネシアの布OHARUコレクション展

京都文化博物館別館ホールで6月2日〜4日まで
「天野春代」さんがコレクションとして集められたバティックやイカットが展示されていると聞き
最近仕立てに多いバティックの布の表裏の事や気になった柄の向きなど勉強になるかと
主人と二人で見に行って来ました。

bro86.jpg

ホールの中にはたくさんの布が展示されていて写真も撮って構わないとのことで・・・
直接、天野さんにお声をかけさせて頂いて布の表裏の事(日本のローケツとは真逆なので)や
柄の向きが合っているのか、意味とか・・・

でも、柄取りは色々勉強されたのなら感性で作ったらいいと思いますよ!と言ってもらいました
最後に「糸」で繋がったご縁ですね!と・・・

bro84.jpg

bro82.jpg

着物と帯も誂えていらっしゃいました
着物と左の帯は反物幅で日本で柄をおこして作られたもので
解りにくいですが右がバティックの布から誂えたものだそうです

bro85.jpg

主人は京都生まれ(西陣)なのに錦市場に来た事が無いそうです(~_~;)
近くだから通ってみることに・・・観光客でいっぱいでしたが・・・

bro83.jpg
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

カクマ

Author:カクマ
ブログへようこそ!

帯の仕立ての事や
日々の覚え書きに書いていきます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR